ダイニングテーブル・チェアの人気有名メーカーを徹底解説!

テーブルやチェアを買いたいと思って探してみるとたくさんのメーカーやショップが見つかると思います。

「どこのメーカーが良いのかな?」

と思ったあなたに、この記事ではおしゃれなダイニングセットを販売している人気で有名な家具メーカーをご紹介します。

代表的なインテリアメーカー

おすすめのおしゃれな家具を売っているおすすめインテリアメーカーを厳選しました。

この記事では以下のメーカーについて詳しく取り上げます。

  1. ニトリ
  2. 無印良品
  3. unico(ウニコ)
  4. カリモク60
  5. モモナチュラル
  6. マスターウォール
  7. TRUCK(トラック)
  8. Journal standard Furniture(JSF)
  9. ACTUS(アクタス)
  10. IDEE(イデー)
  11. IKEA(イケア)
  12. カッシーナ・イクスシー
  13. BoConcept(ボーコンセプト)

各メーカーの位置づけ

まずはざっくりと各メーカーがどのような位置づけにあるか簡単にご紹介します。

下記の図は各メーカーをインテリアテイスト(横軸)と価格帯(縦軸)に分けて分類したものです。※テイストは筆者の主観です

インテリアメーカーマップ

インテリアメーカーマップ

すごくざっくりした図なので、突っ込みどころがあると思いますが、わかりやすく違いを知っていただきたいという目的で超簡単に分けてみました。

まず自分が好きなテイストがモダン(都会的)なのか、ナチュラルな雰囲気なのかをご検討ください。

そして、次にどのくらいの予算をかけて買いたいかである程度あなたにぴったりのメーカー・ショップが浮かび上がってくると思います。

【徹底解説】おしゃれで人気のダイニング家具メーカー

各メーカーの特徴とおすすめ商品をご紹介します。

上のインテリアメーカーマップを踏まえて、ご参考いただけますと幸いです。

1、ニトリ

ネット限定商品はもっと安い

ニトリは1967年に地方の家具店から始まり、現在では400店舗を構える日本で最大手の家具小売店です。オリジナル商品ではなく、一部セレクト(仕入れ)商品もあります。

価格は業界水準より安めの設定で、デザインも良い意味で普通です。シンプルで低価格なダイニングセットを探している人にぴったりです。格安のネット限定商品もあるのでニトリで買おうとしている人は一度ネットをチェックしてみることをおすすめします。

ニトリのおすすめダイニングセット

 

2、無印良品

ファミリー層におすすめ

無印良品は株式会社良品計画が展開するライフスタイルショップ。

1980年に大手スーパー西友のプライベートブランドとして立ち上がりました。全体的に無駄がなくシンプルな商品が多く、生活に密着したコンセプトでものづくりをしています。

低価格の商品はブナパイン材を、中高価格の商品はオーク材・ウォールナット材を使用したラインナップです。
角が取れた丸みがある商品が多く、ファミリー層にぴったりです。良い意味で無難で飽きの来ないデザインが特徴です。

無印良品のおすすめテーブル&チェア

 

3、unico(ウニコ)

おしゃれでコスパ抜群

unicoは株式会社ミサワが運営する北欧テイストのインテリアブランドです。ちなみに「unico」とはイタリア語で「たったひとつの」「大切な」などの意味。

デザイン性・品質とも優れているのに、価格はそこまで高くないコストパフォーマンスが良いショップです。

ソファーダイニングの種類が豊富で、魅力的なシリーズが多いです。ソファやキャビネット、ラグやカーテンもおしゃれでunicoでトータルコーディネートすればおしゃれな部屋が簡単に出来上がるでしょう。

この手のおしゃれショップには珍しく、たまにセールを開催しているので、運が良ければ格安に手に入れることができます。

unicoのおすすめダイニングシリーズ

 

4、カリモク60

レトロな雰囲気にぴったり

カリモク60(ろくまる)はカリモク家具株式会社(愛知県)が運営する家具ブランド。

昔ながらの伝統あるデザインを現代に復刻させるというコンセプトで商品を開発しています。どんな部屋にも馴染みやすく、特にレトロなインテリアが好きな人にぴったりです。

カリモク60の家具で使われている素材はラバートリーというゴムの木が中心です。ウォールナットなどに比べると高級素材ではありませんが、成長が早いゴムの木を積極的に採用することで環境に負担をかけないという目的があるそうです。

原材料を抑えているためか、国産家具(Made in 愛知)のわりに価格は安めです。カリモク60は職人の丁寧な工夫や加工という点に価値があります。

カリモク60のおすすめダイニングシリーズ

 

5、モモナチュラル

時代に流されないベーシックデザイン

株式会社脇木工(岡山県)のインテリアブランド。社員数100名強の小さい会社ですが、1953年に創立していて歴史があります。

”時代のファッションリーダーであるよりも、永遠のスタンダードメーカーでありたい。そんな想いを込めて、家具を作り続けています。”と言っているとおり、時代に左右されない長く使い続けられるデザインが魅力です。

ナチュラルでカントリーっぽい雰囲気が好きな人にぴったりです。

6、マスターウォール

ウォールナット家具専門店

株式会社 アカセ木工(岡山県)が2006年に立ち上げたブランドで、ウォールナット家具を専門に取り扱っていることが特徴です。岡山県にある工場で作られいています。

マスターウォールといえば「WILDWOOD」というシリーズが有名。WILDWOODテーブルはウォールナットとスチール脚を組み合わせたテーブルで、マスターウォールが立ち上がる前の1999年から販売されている定番商品です。

天板の塗装の仕上げ方が複数選べるので、木本来の質感を楽しみたいならオイル仕上げを選ぶと良いでしょう。
ウォールナットは艶があり重厚感があるので、シックでモダンなインテリアにぴったりです。

マスターウォールのおすすめダイニングテーブル&チェア

 

7、TRUCK(トラック)

一生ものの家具屋

TRUCKは1997年創業のご夫婦で始めたオリジナル家具を製造・販売するショップです。

TRUCKのテーブルは天板に節や割れを積極的に採用し、木本来の躍動感を活かして作られていることが特徴です。仕上げも一般的なウレタン塗装でなく、木の呼吸を遮らないオイル仕上げ。

きれいなテーブルが欲しいという人には向きませんが、自然で使い込むことによって味が出るような自分といっしょに歳月を重ねていく相棒が欲しいという人にとてもおすすめです。

注文を受けてからひとつひとつ制作するため、納期が数カ月かかります。

TRUCKのおすすめダイニングテーブル&チェア

 

8、Journal standard Furniture

無骨な男前ダイニング

ファッションブランドとして有名なジャーナルスタンダードが展開する家具ブランド。

ヴィンテージテイストのオリジナル家具とセレクト家具を販売しています。無骨で男っぽい雰囲気が好きな人にぴったりです。

価格は10万円以内で買える商品が多くヴィンテージテイストの家具屋の中では低価格です。

JSFのおすすめダイニングテーブル&チェア

 

9、ACTUS(アクタス)

ハイセンスな北欧モダンテイスト

1969年に創業のインテイリアメーカー。実は1974~84年の間、IKEAの販売権を獲得し、百貨店でIKEAコーナーを展開していたのはアクタスでした。

セレクト家具とアクタスオリジナル家具を販売しています。デザイナーズ家具も幅広くあり、世界的ベストセラーのYチェア(CH24)なども取り扱っています。

美しく清潔感がある北欧モダンテイストの家具が多いです。

アクタスのおすすめダイニングテーブル&チェア

 

10、IDEE(イデー)

可愛げがあるナチュラルテイスト

北欧テイストのインテリアショップ。IDEEといったらアーオソファが有名です。

1975年に黒崎貿易株式会社として設立し、ロンドンから西洋アンティーク家具の輸入販売から始まり、2006年に無印良品を運営する良品計画グループの傘下に入りました。

以降、無印良品で展開される家具はIDEEっぽいデザインが増えたように感じます。例えば無印良品の「オーク材折りたたみテーブル」はIDEEの「スデューテーブル」とデザインが似ています。

無印良品のハイブランドがIDEEという位置づけと考えても差し支えないでしょう。シンプルながら上品でおしゃれなダイニングを探している人におすすめです。

IDEEおすすめダイニングテーブル&チェア

11、IKEA(イケア)

組立は大変だけど格安

イケアは北欧生まれの日本でも大人気の家具メーカーです。

低価格でおしゃれな家具が多く、カントリー調のデザインを得意としている印象です。種類も豊富ですが「これ、だれが買うんだろう?」というような奇抜な商品もあるところが面白いですね。

イケアの家具はフラットパックと呼ばれる最小化された梱包箱の中に入っているため、基本的に完全組立商品です。梱包を最小化することで輸送コスト・保管コストを下げることができ、商品を低価格で販売することを可能としています。

ただし組立が複雑なため、移動に弱く、再組立てができないことが多いです。IKEAが引越し業者に嫌われている理由もまさに組立家具だからです。

しかし、テーブルやチェアは比較的組立が簡単なので、移動や引越しにも基本的には耐えられます。

イケアのおすすめダイニングセット

 

12、カッシーナ・イクスシー

デザイナーズ家具メーカーの草分け的存在

モダンデザインの巨匠ル・コルビジェなどの有名デザイナーの傑作家具を生産・販売しているメーカー。厳密に言えば「カッシーナ」と「イクスシー」でブランドが分かれます。

カッシナーではル・コルビジェの傑作家具LCシリーズや、現代を代表するデザイナーとのコラボレーション商品を展開しています。

イクスシーではオリジナル商品の開発やセレクト商品を販売しています。

100万円以上する商品も多く、価格はとても高価ですが、品質には間違いがなく、豪華絢爛なインテリアを求めている人は一度見てみると良いでしょう。

カッシーナのおすすめダイニングテーブル&チェア

 

13、BoConcept(ボーコンセプト)

シンプルモダンと言えばここ

ボーコンセプトは1952年にデンマークで生まれた高級ライフスタイルブランド。ちなみにBoConceptの「Bo」はデンマーク語で「生活」という意味。

世界中の優れたデザイナーとタッグを組んで商品を開発しています。モダンで高級感があるデザインが特徴で、都会的なインテリアにしたい人におすすめです。

ボーコンセプトのおすすめダイニングテーブル&チェア

最後までお読みいただき誠にありがとうございました。

いかがでしたでしょうか?

あなたにぴったりのダイニングテーブル・チェアが見つかったのならうれしいです。