ウォールナットテーブル

「ウォールナットのテーブルを探している」

そうお考えのあなたに、この記事では家具メーカーで勤めていた筆者がウォールナットのダイニングテーブルの選び方とおすすめ商品をご紹介します。

ウォールナットは世界三大銘木のひとつと言われる高級素材です。

しかし、「ウォールナット家具」と言っても製法や仕上げ方法によっていろいろな特徴があります。

この記事の前半ではウォールナットの特徴やテーブルを選ぶポイントをお伝えし、後半でおすすめ商品をご紹介させていただきます。

「早くおすすめのテーブルを見たい」という方は下記ボタンを押すとスクロールします。

おすすめのテーブルを見る

ウォールナットとは?

ウォールナット材はクルミ科の木から切り出された木材のこと。

主に家具で使われるのは「ブラックウォールナット」です。

世界三大銘木のひとつで、高級木材としても有名。

衝撃に強く加工性に優れています。

艶のある濃い色をしていて、重厚感や高級が人気の木材です。

経年変化は徐々に薄い色へと変わっていきます。

オーク材との違い

オーク材(天板)
オーク材(天板)

ウォールナットと同じくらい有名な木材でオークという素材があります。

同じ商品のカラーバリエーションとして、ダークブラウンカラーはウォールナット材、ナチュラルカラーはオーク材で作られることが多いです。

「ウォールナットが醸し出す重厚で高級な雰囲気がちょっと苦手」という人は、ナチュラルカラーのオーク材がおすすめです。

オーク材は日本でいうとナラの木のことで、家具では北米産のホワイトオークを使うことが多いです。

木目は大きくはっきりとして、 オーク材ならではの「虎斑(とらふ)」という虎の斑紋のような模様が現れることも特徴。

硬質で重く、耐久性が高い木材なのでダイニングテーブルによく使われています。

経年変化は濃い色へと変わり、褐色になっていきます。

詳しくは『ナチュラルな雰囲気!オーク材のおすすめダイニングテーブル&セット12選』をご参考ください。

無垢材と突板の違いとは?

ウォールナットや他の天然木を使用したテーブル(主に天板)は、無垢材か突板でという加工木材で作らていることがほとんどです。

無垢材と突板では特質が異なるため、購入する前にチェックした方が良いでしょう。

無垢材とは

無垢材(ウォールナット)
無垢材

無垢材は大きな木の塊をスライスして板に加工した材料です。

木そのものを取り出しているので、画像の通り天面と断面の木目がつながっています。

重量が重く、耐久性が高いことが特徴です。

ただし、家具の作り方によりますが、木本来の性質上、湿気や乾燥によって反りや割れが起こる可能性があります。

無垢材の中でも、木からまるまる取り出した「一枚板」と、木を繋げ合わせた「幅はぎ材」があります。

一枚板

一枚板
一枚板の天板

木からまるまる取り出した一枚の板。

最も耐久性が高く、希少で価格が数十万~数百万円する超高価格です。

幅はぎ材

幅はぎ材
幅はぎ材の天板

無垢材を幅方向にのみ接着した板のこと。

等間隔で接着しているため木目がつながっていません。

無垢材の質感を損ねず、比較的安価に変えることがメリットです。

管理人管理人

一枚板のウォールナットの価格は数十万~数百万する超高級品なので、一般的なダイニングテーブルは「幅はぎ材」で作られていることが多いです。

突板とは

突板
突板

突板とは薄くスライスした木を合板やべニアなどの上に張り付けたものです。「天然木化粧板」とも言われます。

上の画像の通り、突板は天面と側面の木目がつながっていません。

表面に本物の木を使っているので本格的な質感があり、ちゃんと経年変化もします。

反りや割れもが起こる心配もほとんどありませんし、軽くて安価です。

ただし、突板を貫通するほどの傷をつけた場合、修復は困難です。

無垢に比べて耐久性は劣るので、一生ものの家具としては物足りないでしょう。

無垢材と突板、どっちが良い?

長期間使う一生もののダイニングテーブルを探している人は「無垢材」がおすすめです。

一方、出来るだけ安く、質感を楽しみたいという人は「突板」でもでしょう。

無垢材=良いものというイメージがありますが、家具においては突板であるメリット(反りや狂いがない、簡単に割れない)も大きいので積極的に検討すべきだと思います。

塗装の違いとは?

塗装の違い

テーブルを仕上げる際に行う塗装によっても、質感やメンテナンス性に大きな差があります。

テーブルの仕上げは大きく「ウレタン塗装」か「オイル仕上げ」のいずれかです。

ウレタン塗装仕上げ

ウレタン塗装は木材の表面に樹脂をコーティングするので「ツルツル」としたさわり心地です。

表面に幕を覆うことでシミや汚れが付きにくいので、日頃のメンテナンスが楽です。

一方、木の呼吸を妨げるので、木本来の調湿性や香り、色の経年変化性などが損なわれます。

また、コーティングを突き破るほどの傷を修復する場合は膜を剥いで再塗装しなければならないので、業者に依頼する必要があり、数万円という修理費用が掛かります。

ウレタン塗装仕上げの手入れ方法

ウレタン塗装は汚れがほぼしみ込まないので、メンテナンスは簡単です。

特に専用のメンテナンス道具は必要ありません。

日頃は乾拭きするだけでOKで、もし汚れが目立つ場合はぬるま湯で200倍以上に薄めた中性洗剤を布に浸し、硬く絞って拭き、そのあとに乾拭きします。

オイル仕上げ

オイル仕上げは植物性のオイルを木材の表面に塗っていて「しっとり」としたさわり心地です。

表面を膜で覆っていないので木そのものの質感を楽しめます。

また、木の呼吸を妨げないため顕著な経年変化が楽しめます。

一方、濡れたコップなどによる輪ジミや汚れ・傷が付きやすいです。

汚れや傷は紙やすりで削ってオイルを塗ることで補修は可能ですがメンテナンスに数時間かかるので大変です。

オイル仕上げの手入れ方法

オイル塗装は専用のメンテナンス道具が必要で、日々のメンテナンス方法は以下の通りです。

  1. 乾拭きをする
  2. オイルを塗る
  3. オイルをふき取る
  4. 乾燥させる

下の動画はウォールナット専門の家具ブランド「マスターウォール」のメンテナンス方法についての解説動画です。とてもわかりやすいのでぜひご参考ください。

オイルメンテナンス道具の例

オイルメンテナンス道具
無垢材天板用 メンテナンスセット【オスモオイルクリア】

ウレタン塗装とオイル仕上げの見た目の差

オイル仕上げとウレタン塗装(上から見た画像)

真上から見るとそこまで違いはわかりません。

オイル仕上げとウレタン塗装(少し角度をつけて見た画像)

すこし角度をを付けるとウレタン塗装の方が反射が強めでややツルっとした見た目になります。一方オイル仕上げの方がしっとりマットな感じです。

塗装による見た目の差についてはメーカー・工場によって異なると思いますので、あくまで参考までに。

なお、突板は厚さが0.2~0.6mm程度の薄い板ですので、基本的にオイル仕上げでなく、ウレタン塗装です。

木、本来の質感を楽しみたいなら無垢材×オイル仕上げを選ぶことがベストでしょう。

無垢材のテーブルが欲しい方は『本格派に!無垢ダイニングテーブル&セットおすすめ18選』もぜひご参考ください。

 

【厳選】おすすめウォールナットダイニングテーブル&セット 11選

管理人管理人

ウォールナットを使用したおすすめのダイニングテーブルとセットを厳選しました。
チェアも買おうとしている人はセット購入がおすすめ
セットなら全体的なデザイン性も統一されますし、単品購入より安価で買えることが多いです。

1、スマート脚が美しいウォルナット突板ダイニングセット

スマート脚が美しいウォルナット突板ダイニング

格安価格で探しているならコレ

スマートなデザインが特徴の突板ダイニングセット。チェア×4とテーブルのセットが5万円以内で買える格安価格です。ただし、テーブルとチェアの脚がウォルナットではなくラバーウッドを使用しています。

この商品を詳しく見てみる

2、ウォールナット無垢材使用のダイニングセット「KAT」

モダンデザイン・ダイニングテーブルセット【KAT】

スタイリッシュなウォールナット

スタイリッシュな無垢ダイニングセット。テーブルの角が面取りされていたり、脚が見る角度によって表情を変えたり、細かなディテールにこだわりがあります。ウレタン塗装なのでメンテナンスが楽ちんです。シックで高級感がある部屋にしたい人におすすめです。

この商品を詳しく見てみる

3、総無垢材ダイニングセット「TMP」

オーク/ウォールナットから選べる総無垢材ダイニング【TMP】

大きいサイズも選べる

すべて無垢材で作られた存在感たっぷりなダイニングセット。テーブルが最大サイズ180cmが選べるので6人まで使えます。太めの脚は安定感が良く重厚な雰囲気です。

この商品を詳しく見てみる

4、<デザイナーズ家具>ダイニングセット「SPM」

<デザイナーズ家具>ハンス・J・ウェグナーダイニングテーブルセット【SPM】

北欧の巨匠デザイナーのチェア

ハンス・J・ウェグナーがデザインしたチェア「CH-20(エルボーチェア)」と「CH-33」を贅沢に合わせた無垢材ダイニングセット。セットとしての佇まいがただただ美しく、置いただけで高級感がある部屋に生まれ変わります。

この商品を詳しく見てみる

5、継ぎ目が目立たない伸長式ウォールナットダイニングセット「NVL」

ウォールナットデザインテーブルセット【NVL】

天板が伸びるエクステンションテーブル

120cmから180cmまで天板が伸長するエクステンションテーブルのダイニングセット。豊かな木目が特徴です。伸長式テーブルは天板が分割されていますが、このテーブルは木目と継ぎ目が並行になっているので継ぎ目を気にすることなく木の質感を楽しめます。

この商品を詳しく見てみる

6、アメリカンカフェスタイルのソファダイニングセット「66」

アメリカンダイナースタイル【66】

寛ぎのソファダイニング

ソファとテーブルをあわせたソファダイニングセット。ソファならでは寛ぎが得られ、ゆったりとした気分で食事ができます。「ソファとダイニングセット両方置きたいけど部屋が狭い」という人にぴったりです。

この商品を詳しく見てみる

7、マスターウォール「WILDWOOD DINING TABLE」(単品)

マスターウォール「WILDWOOD DINING TABLE」

マスターウォールの定番テーブル

ウォールナット家具の有名店「マスターウォール」の定番テーブル。オイル仕上げなのでウォールナット無垢材の家具ブランドの高品質な木材をダイレクトに楽しめます。材質はウォールナット、ブラックチェリー、ホワイトオークから選べます。

この商品を詳しく見てみる

8、カリモク「ダイニングテーブル DE5110XR」(単品)

カリモク「ダイニングテーブル DE5110XR」

短辺にも座りやすい

愛知県にある老舗高級家具メーカー「カリモク」のウォールナット無垢テーブル。デザイン性が高い脚は天板の内側に入っているので、短辺でも座りやすく大人数で使うのにおすすめです。高価ではありますが、品質は間違いない逸品。

この商品を詳しく見てみる

9、オイル仕上げの無垢材テーブル(単品)

オイル仕上げの無垢材テーブル

無垢材×オイル仕上げ×安価ならコレ

オイル仕上げの総無垢のウォールナットテーブル。160cmの大きめサイズが8万円前後で買える高コストパフォーマンス商品です。「できるだけ安く、でも本格的なテーブルが欲しい」という人におすすめです。

この商品を詳しく見てみる

10、セミオーダーで仕上げる無垢テーブル(単品)

セミオーダーで仕上げる無垢テーブル

自分にぴったりなテーブルが格安で作れる

シンプルなデザインの無垢材テーブル。塗装方法や脚の太さ、角加工、テーブルの高さなどがオプションで選べてカスタマイズ可能で自分にぴったりなテーブルを作ることができます。しかも最安でおよそ7万円からという格安価格。受注生産のため納期が長いですが、こだわりがある人におすすめです。

この商品を詳しく見てみる

11、まるで一枚板ウォルナット材のミミ付きダイニングテーブル(単品)

まるで一枚板ウォルナット材のミミ付きダイニングテーブル

一枚板の1/3の価格で買える

「ミミ」と呼ばれる一枚板の端に現れる自然なグラデーションを見事に再現した幅はぎ板で作られた無垢テーブル。一枚板のような雰囲気が好きだけど高価すぎて買えないという人におすすめ。大きさが215cmまで選べるところも魅力です。

この商品を詳しく見てみる

【厳選】おしゃれなテーブルが格安で買えるおすすめショップ

おすすめショップ

管理人管理人

格安でおしゃれなテーブルを販売しているショップをご紹介します。
コスパにこだわるなら通販がおすすめ。通販ショップは無駄な販管費を抑えているため、実店舗に比べて価格が安い傾向にあるからです。
当サイトおすすめの代表的なショップをご紹介します。

1、CCmart7

CCmart7

種類が豊富でコスパも良い

CCmart7はインターネット限定のインテリア通販ショップです。インテリアに特化した品ぞろえで特にダイニングテーブルセットは豊富にあります。扱っている商品はどれもおしゃれ。更に様々なテイストの商品があるので、自分にぴったりなテーブルがきっと見つかると思います。
価格もリーズナブルなので、まず初めに見てもらいたいショップです。

CCmart7(公式)を見てみる

2、LOWYA

LOWYA

安くておしゃれでイマドキなショップ

LOWYA(ロウヤ)はインテリア総合を扱うインターネット限定ショップです。扱っている商品はどれもおしゃれで価格もかなり安いです。やや品ぞろえは少ないのですが、厳選された商品のみ扱っているといった印象です。品数が大量にあるわけでもないですし、サイトも見やすいのでぜひ一度チェックしてみてください。

LOWYA を見てみる

いかがでしたでしょうか?

ウォールナットのテーブルやダイニングセットの特徴やおすすめ商品をご紹介させていただきました。

あなたにぴったりな商品が見つかったのならうれしいです。

最後までお読みいただき誠にありがとうございました。