「来客が多いから大きいテーブルがいい」

「伸び縮みできるテーブルを探している」

そんなあなたに当記事では家具メーカーに勤めていた筆者が伸長可能なダイニングテーブル「エクステンションダイニングテーブル」の特徴・選び方・おすすめ商品をご紹介しています。

管理人管理人

エクステンションダイニングは何と言っても臨機応変にテーブルの大きさが変えられることが便利。特に来客が多いご家庭にとって便利な機能です。
これいい!というエクステンションテーブルのダイニングセットを厳選しましたので、ご参考いただけると幸いです。
だいたい予算感は5万~10万円くらいを想定しています。あまり安すぎると粗雑な作りになることが多く、最低5万円以上(できれば10万前後)を見ていただくと良いと思います。

さっそくおすすめ商品を見る

エクステンションテーブルとは

エクステンションとは「伸長」「拡張」という意味です。

エクステンションテーブルとはテーブルの長さ(幅)を伸ばしたり縮めたりできるテーブルのことです。

なお、伸縮する方法は商品によって異なります。

エクステンションテーブルのメリット

メリット

テーブルが伸縮する

テーブルが伸縮し、大きさ(広さ)を変えられることがエクステンションテーブルの最大の特徴です。

家に人を招くことが多くて、部屋が狭いご家庭に特におすすめ。

5名以上の来客を想定すると最低、テーブルは横幅150cm以上はあった方が良いですが、そうなると部屋に置いたときにかなりの面積を占めます。

とはいえ来客時にゲストが座るところがないという状況は避けたいですよね。

エクステンションテーブルなら普段はコンパクトなダイニングテーブルとして使え、来客時には拡張して使えます。

2m以上の長さにまでなるダイニングテーブルもあり、8名~10名くらいまで座ることができます。

エクステンションテーブルのデメリット

デメリット

伸長時にテーブルに継ぎ目ができる

テーブルの構造上、エクステンションするために天板を折り曲げたり、くっつけたりする必要があるため、伸張時にはテーブルに継ぎ目ができてしまします。これが普通のダイニングテーブルに比べて劣る点です。

特に木目がはっきりしているテーブルの場合は継ぎ目がチグハグになってしまう可能性があるので注意が必要です。

重い

拡張用の天板パーツがあるため、普通のダイニングより重たいです。

選ぶポイント

選ぶポイント

エクステンション方法の違いを理解する

テーブルを伸縮するパターンは商品によって異なります。

代表的なパターンを以下でご紹介します。

・バタフライ型

バタフライ型

テーブルの天板の端部分を折り曲げて収縮しているタイプ。伸長時には天板を持ち上げて跳ね上げて拡張します。

メリットは比較的簡単にエクステンションができること。

デメリットは見た目がいかにもエクステンションテーブルなところです。

・はめ込み型

はめ込み型

天板(パーツ)をはめ込んで伸張するタイプ。

伸長部分の天板は収縮時にテーブルの中などに収納され、伸長時に取り出して拡大します。拡張用の天板が開いたときにクルっと回る仕様もあります。

メリットは収縮時は普通のテーブルに見えるため見た目が良いこと。

デメリットは伸長時の組み換え作業がやや難しいことです。

・スライド型

スライド型

天板の下に天板がある構造のテーブルです。下のテーブルをスライドして拡張します。

メリットはエクステンションが簡単で、長さを自由に変えられること。

デメリットはテーブルの高さに段差ができることです。しかし、伸長部分の高さが低いおかげで、子どもにはちょうど良い高さになるため勉強などをしやすいという声もあります。

伸長時にテーブルの脚も移動するか

伸長時に注意したいのがテーブルの脚の位置が固定されているか、移動するかという点です。

伸長時にテーブルの脚も移動するパターンの商品がおすすめです。

なぜかというと、天板と合わせて脚の位置が移動しないとチェアを増やして座った時にテーブルの脚が邪魔で座りづらくなるからです。

テーブルの脚がかなり内側にある場合なら良いですが、快適に座れるのはテーブルの脚も移動する商品です。

ベンチが収納できるか

エクステンションダイニングセットはベンチを選べる商品もあります。

普段ベンチを使わない想定ならベンチをテーブルの天板裏にぶら下げる形で収納できる商品もあり、省スペースにしたい人におすすめです。

チェアがスタッキングできるか

チェアをセットで買う場合は、スタッキング(重ねられる)仕様かどうかもチェックすることがおすすめ。

スタッキング
スタッキングチェア(参照:CCmart7

特に普段は収縮して使う人は、余分なチェアの置き場を考えるとスタッキングチェアは省スペースに保管できます。

ですがチェアのデザインには好みがあると思いますので、必ずしもスタッキングでなくても良いです。「スタッキングできるほうがスペース的には便利ですよ」というくらいです。

エクステンションテーブルはこんな人におすすめ!

パーティのイメージ

「来客が多くて、部屋が狭めな人」におすすめです。

家でパーティをやったりするときにはやはり大きいテーブルの方が良いですよね。

「うち狭いから床でもいい?」なんて言いにくいですし、長時間床に座ると身体が疲れるのでリラックスできないです。

人を招くマナーとしてテーブルとチェアは揃えたいところ。

ですが、日本の住宅事情は部屋が狭いことも多いので、「普段はコンパクトに使いたい!」というニーズにぴったりなテーブルがエクステンションテーブルです。

【厳選】おしゃれなエクステンションテーブルセットおすすめ6選

管理人管理人

おしゃれでおすすめのエクステンションテーブルセットをご紹介します。コストパフォーマンスとデザインの良い商品を厳選しました。

1、棚付きダイニングテーブルセット「FLN」

棚付きダイニングテーブルセット【FLN】

機能性バツグンのダイニングセット

テーブルに棚がついていますが、ここに調味料などを普段の食事に使うものを入れておくと便利です。チェアやベンチの座面は合皮でメンテナンス性も高く、そのまま使っても良いですがオプションでカバーも選べます。セットにできるチェアの数やベンチとの組み合わせパターンも豊富なので、すべてチェアで合わせたい場合でも選択可能です。天板の広さが収縮時で135cm、伸長時で170cmの大きさは4人・6人で使うに丁度良く、使いやすいエクステンションテーブルです。

  • テーブル幅:135~170cm
  • 利用人数:4~6人
  • 伸長パターン:はめ込み型

この商品を見てみる

2、コンパクトな伸縮ウッドダイニング「WEST」

伸縮ウッドダイニング WEST

コンパクトな二人暮らしにぴったり

狭めの部屋にも置きやすい大きさです。伸長時の幅が120cmは4人で使うのにはやや窮屈ですが、急な来客時には助かる大きさです。チェアとの3点セットで2万円台から買える格安価格がとても魅力的。格安でもテーブルの天板は高級素材ウォールナット突板(ナチュラルカラーはオーク突板)を使用していて、価格以上の高級感があるテーブルです。

  • テーブル幅:75~120cm
  • 利用人数:2~4人
  • 伸長パターン:バタフライ型

この商品を見てみる

3、8人座れるダイニングテーブルセット「GRD」

ダイニングテーブルセット【GRD】9点セット

8人が座れる圧巻の広さ

正直8人が座るとややきついのですが、それでも8人が座れるテーブルはとても魅力的です。またスライド式の伸長方法なので、自由に長さを調整できることもポイントが高いです。子ども用の勉強スペースに活用している人もいるようで、幅広い使い方が考えられます。ナチュラルな雰囲気で無印良品などが好きな人にぴったりです。

  • テーブル幅:135~235cm
  • 利用人数:4~8人
  • 伸長パターン:スライド型

この商品を見てみる

4、継ぎ目が目立たないウォールナットデザインテーブルセット「NVL」

ウォールナットデザインテーブルセット【NVL】

ウォールナット材の美しさ際立つテーブル

このテーブルの最大の特徴はテーブルの木目です。地味な所ですが、木目が短辺の方向に流れている所がポイントです。このテーブルははめ込み型のエクステンションテーブルなので、木目の柄が目立つ天板の場合、継ぎ目が合わないことが気になってしまいます。しかし木目がテーブルの短辺方向に流れていると、継ぎ目が並行になるため木目がスムーズにつながりやすいのです。よってこのような高級感があり豊かな木目調のテーブルが作れるのです。

  • テーブル幅:120-150-180cm
  • 利用人数:4~6人
  • 伸長パターン:はめ込み型

この商品を見てみる

5、超コンパクトなエクステンションテーブルセット

超コンパクトなエクステンションテーブルセット(伸長前)

サブテーブルとしてもおすすめ

上の写真の通り、テーブルの中に椅子が収納できる珍しい伸長式テーブルです。メインでなくサブのテーブルとして来客専用として使うこともおすすめです。天板が片方ずつ開くことができるので、二人で使うこともでき、色々な用途で活躍できそう。3万円弱で買える格安価格も魅力です。

  • テーブル幅:34~140cm
  • 利用人数:2~4人
  • 伸長パターン:バタフライ型

この商品を見てみる

6、スタッキング可能のデザイナーズテーブルセット「JSD」

スタッキング可能のデザイナーズテーブルセット

スタッキング可能な名作チェア×大型だ円テーブル

北欧の家具デザイナーとして超有名な「ハンス・J・ウェグナー」がデザインしたチェア「CH20」を使用しているセットです。CH20は別名エルボーチェアと呼ばれていて背もたれの曲線がひじ掛けにもなります。スタッキング(重ねられる)仕様なので、使わないときに省スペースで置いておけます。しかもデザインチェアですから見栄えも良いので置いてあるだけで部屋のオブジェにもなります。テーブルは210cmまで伸長可能。短辺も合わせれば大人6人座れます。

  • テーブル幅:160-185-210cm
  • 利用人数:4~6人
  • 伸長パターン:はめ込み型

この商品を見てみる

おしゃれなエクステンションダイニングセットを売っているおすすめショップ

おすすめショップ

管理人管理人

格安でおしゃれなテーブルセットを販売しているショップをご紹介します。
コスパにこだわるなら通販がおすすめ。通販ショップは無駄な販管費を抑えているため、実店舗に比べて価格が安い傾向にあるからです。
当サイトおすすめの代表的なショップを3つご紹介します。

1、CCmart7

ccmart7


種類が豊富でコスパも良い

CCmart7はインターネット限定の家具通販ショップです。家具に特化した品ぞろえで特にダイニングテーブルセットは豊富にあります。扱っている商品はどれもおしゃれ。更に様々なテイストの商品があるので、自分にぴったりなテーブルがきっと見つかると思います。
価格もリーズナブルなので、まず初めに見てもらいたいショップです。

CCmart7 を見てみる

2、LOWYA

lowya


安くておしゃれでイマドキなショップ

LOWYA(ロウヤ)はインテリア総合を扱うインターネット限定ショップです。扱っている商品はどれもおしゃれで価格もかなり安いです。やや品ぞろえは少ないのですが、厳選された商品のみ扱っているといった印象です。品数が大量にあるわけでもないですし、サイトも見やすいのでぜひ一度チェックしてみてください。

LOWYA を見てみる

3、Re:CENO

receno


インテリア総合を揃えたいならここ

Re:CENO(リセノ)はインテリア総合を扱う販売店で、東京・京都に実店舗も構えています。ソファダイニングの種類は多くありませんが、こだわりを感じられます。
他にもセンスが良くおしゃれなインテリア商品を展開していて、見本となるコーディネート例も豊富に掲載しています。価格もリーズナブルなので、部屋全体のインテリアをコスパ良くおしゃれに揃えたい人におすすめのショップです。

Re:CENO(楽天)を見てみる

いかがでしたでしょうか?

来客用にも便利なエクステンションダイニングセットの特徴やおすすめ商品をご紹介させていただきました。

あなたにぴったりなダイニングセットが見つかったのならうれしいです。

最後までお読みいただき誠にありがとうございました。